オプション装着と車買取の関係

オプション装着と車買取の関係

車を買取る時にオプションを装着している状態で査定を受ければ、通常より高めの査定額になると思っている人はいるのではないでしょうか。

 

実際にサンルーフやカーナビやエアバックなどの、自分で装着できないオプションは査定プラスになりやすいです。しかし地域によって需要の低いスタッドレスタイヤや純正品ではないオプションは評価の対象になりません。
オプションが付いていれば必ずプラス評価になる訳ではないのです。また内装や外装を、自分の趣味にドレスアップしている人もいるでしょう。お金を費やして自分好みの車にすることが出来ますが、これは買取の時にマイナス査定となってしまうことがあり、手を加えていない車に比べるとかなり低い査定額になる場合もあるので、ドレスアップする時にはそのことを知っておく必要があるでしょう。

 

そしてオプションが付いていても、それがエアコンやオーディオが壊れてきちんと作動しなければ、プラス査定の対象になりません。逆に最新型のカーナビなどを搭載していると、プラス査定の対象になり、人気車種ほど思いがけない高額査定になる場合もあります。そのチャンスを逃さないように査定前には車の状態をしっかりと確認し、付いているオプションも細かく動作のチェックを行ないましょう。